saito-bookbind
印刷用語集
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

折り おり
印刷されてきたものを、製本するために、ページ順などで折りたたむこと

菊全判 きくぜんばん
紙の寸法のこと  636mm×939mm

菊半判 きくはんばん
紙の寸法のこと  (菊全判の半分)

小口 こぐち
一般的には数の少ない事を指すことが多いが(小口配達、小口印刷)、製本業では違う意味を持っている。本(冊子)などの背を除く三方。主に背の反対側を指すことが多い

本の綴じてある部分

丁合 ちょうあい
印刷されてきたものを、ページ順、又は指定の順番に重ね合わせること

天地 てんち
天・・・本の三方のうち上の部分
地・・・本の三方のうち下の部分

中綴じ なかとじ
本を開いた真ん中の部分を、針金や糸で綴じること。主に週刊誌などに多く用いられる

ミシン みしん
紙を切るためのミシン目。例:伝票、振込用紙

無線綴り むせんつづり
針金や糸などを使わずに、専用の糊(接着剤)で綴じること。例:電話帳、漫画本

無線綴じ機 むせんとじき
無線綴りを作る機械。表紙でくるむ

Copyright c 2005 Saito-Bookbind All rights reserved.